【バリ島の医療保険】クレカで360日保険をカバーさせる方法

バリ島情報

こんにちは。後藤@アマテラスです^^

クレジットカードを使って、1年間保険をカバーさせる方法を考えてみました。まず、現在のバリ島における医療保険事情を確認しておきましょう。

バリ島の国民健康保険制度と言えば「BPJS Kesehatan」ですが、外国人の加入条件に「ワーキングビザを保有する者」という条件がある為、私の様なリタイヤメントビザでの移住者には適応されません。また、高額な医療費は保証の対象外となる為、加入に意味がるのかな?と、疑問のあるところです。

日本の「国民健康保険」に加入したまま、海外移住をする方法もありますが、住民票を日本の残すことが条件となります。住民税支払いの対象となります。また、「国民健康保険」は海外の医療費を全額保証するものではありません。さらに、キャッシュレスでの対応が出来ず、都度申請→還付を受けるという

とても、面倒な手続きが必要です。

 

バリ島で使用できる医療保険は?

インドネシア国内の「医療保険」に加入する

私は、以前インドネシアの民間「医療保険」に加入しておりました。会社名は伏せますが、高額医療にも対応し、キャッシュレスもできる、とても便利な保険でした。ところがある年、入院をするような病気をして、BIMCや、SILOAMで治療を受けることになりました。

保険の支払いも、煩わしい請求もなく、キャッシュレス決済でスムーズに済ませられました。この「医療保険」には大変お世話になったと思います。そして、翌年、保険更新の手続きに行くと・・・

 

「貴方は、去年、高額な医療費を請求させたので、今年からの保険料金は○○ルピア(約2倍)になります。」

「さらに、○○の病気と、○○の治療費、○○の支払いには今年から対応できません。保証は大幅に縮小します。」

 

病気したらペナルティがかかるのか?

「突然の病気や怪我の為に、医療保険に加入するんじゃないの?」
「毎年、保険を使わないのに、保険料を払ってきたじゃない?」

「それが保険ってもんだろー?」

まぁ、文句言っても始まらないので、国内の医療保険は辞めました^^安くなかったし、使って文句言われる保険なんて、すぐに解約してやる(笑)

 

海外旅行英語が身につく!
スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

世界最大級のオンライン旅行会社
旅行をもっと簡単に【Trip.com】

HISグループの4G高速通信WiFi
海外WiFiレンタルのFAST-Fi

日本で「海外旅行保険」に加入する

私は現在、日本の1年間有効の「海外旅行保険」に加入しています。もちろん、保険の支払いも、煩わしい請求もなく、キャッシュレス決済です。70歳くらいまで、加入の更新が可能だったと思います。

70歳過ぎたらどうしよう?その時考えよう(笑)

いずれにしても、年齢を重ねるごとに、保険を使用する可能性は高くなりますが、保険に加入できる可能性は低くなってきます。※なんか、この制度おかしくないですか?^^;

クレジットカードの付帯保険を使用する

ご存知のように、各種クレジットカードの「旅行保険」は、使用するための条件等は、各会社異なります。利用条件は各社ご確認ください。

通常日本出国から90日間、保険が使用できるカードが多いですね。90日に一度、日本に帰国するれば、クレカの付帯保険でも、まぁまぁカバーできると思います。でも、90日に1度、日本帰国は「面倒」ですよね?(笑)

そこで、おススメが、裏技の使える「リクルートカード」です^^
リクルートカードの保険は「利用付帯」という条件となっています。
つまり、保険を有効にするための条件として

「旅行中、交通費をこのカードで支払ってください。その時点から、付帯保険が有効になりますよ。」

この制度を 悪用 利用します^^

日本出発から、90日を超える前に、交通費をこのクレカで支払います。クレカを使用して交通費を支払ったことにより、さらに90日間の付帯保険が有効になります。※UberやGrabなどの「配車アプリ」への支払いでも、リクルートカードなら海外旅行保険が有効になります。

アプリ登録の、クレカ支払いを「リクルートカード」にしておけばよいという事ですね^^但し、利用付帯カードの、傷害治療・疾病治療の限度額は100万程度と低いのが現状です。※以下付帯保障内容です。※リクルートカードのサイトより引用

保険は利用付帯で、期間は最長90日

傷害死亡/後遺障害 2000万円
傷害治療 100万円 ※1回のケガにつき
疾病治療 100万円 ※1回の病気につき
賠償責任 2000万円 ※1回の事故につき
携行品損害 20万円 ※1年
救援者費用 100万円 ※1年

傷害治療・疾病治療 100万円では心もとない方は・・・

リクルートカード(VISA)とリクルートカード(JCB)の2枚所有がおススメです。「傷害治療と疾病治療」はクレカの補償内容を合算して請求できる!

100万円+100万円=200万円 ※上限200万円の保証となります。

ここで、気が付いてしまった^^

夫婦2人で、お互いに
リクルートカード(VISA)とリクルートカード(JCB)の2枚所有

さらにお互いを「家族カード会員」として登録すると・・・
リクルートカード家族カード(VISA)とリクルートカード家族カード(JCB)の4枚所有

「傷害治療と疾病治療」はクレカの補償内容を合算して請求できる!

100万円×4枚=400万円 ※上限400万円の保証となります。
さらに、気が付いてしまった^^

傷害治療・疾病治療 100万円の保証で良ければ、
クレカ4枚を90日ごとに「利用付帯」を有効にしていけば・・・・

90日+90日+90日+90日=360日 ※360日間(約1年)の保証となります。

360日(約1年)カバーできることになります。すごいカードだ^^

 

各種デザインを気軽に依頼 ココナラ
簡単!無料会員登録はこちら

バリ島在住のコンサルタントが「移住・ビザ・留学」についてのノウハウや、現地の情報など幅広くお届けするブログです。起業・会社設立など法務相談も無料で受付中です。お気軽にお問合せください。

 

タイトルとURLをコピーしました