【インドネシア ビザ(VISA)取得プロセス】まとめてみました

バリ島移住

こんにちは。後藤@アマテラスです^^

【ビザ取得プロセス】のページは人気ありますね。

皆様からのご要望にお応えして「ビザのまとめサイト」作りました^^ビザの一覧ページから、各種ビザページにリンクを貼っておきます。それぞれのビザの取得プロセスを比較検討する場合に、是非ご活用ください^^

 

リタイヤメントビザ取得プロセス

CLICK  最大6年間有効(滞在可能期間1年 延長1年間×5回)

リタイヤメント・ビザ(退職者ビザ)は、55歳以上の方 (主に年金受給者)を対象にした長期滞在の為のビザです。 リタイアメントビザの滞在許可は1年間で、以後1年毎にインドネシア国内で最大5年間まで継続延長が可能です。

リタイヤ後の生活をのんびりインドネシアで過ごされたい外国人の為のビザで1年に1度の延長手続きが必要ですが、インドネシア 国外に出国せずに 最大で6年間まで滞在することができます。

バリ島で大好きな「サーフィン三昧」もよし、芸能文化にふれ「ダンスや宗教儀式」に参加するもよし、大自然の中で「海外生活」を楽しむのもよし。この温暖な気候のバリ島で、是非「第二の人生」を楽しんでください。

ワーキングビザ取得プロセス

CLICK  最大5年間有効(滞在可能期間1年 延長1年間×4回)

インドネシアでインドネシア人以外の外国人が就労する為のビザで一年間と半年間とがあります。外国人就労は、年々厳しくなってきており、現在は国内で定められている職種の範囲内で、かつ定めた在留期間に限って就労ビザの取得が認められています。

条件については、年齢・学歴・役職によって就ける職また期間等の制限するケースがあります。各労働基準監督署によって見解が違うため予め確認が必要となりますのでお問い合わせください。

バリ島で就職し、働きながらバリ島を楽しむためには、必ず必要となるビザです。既に多くの日本人がバリ島で働いています。「早起きしてサーフィン、朝会社に出勤、夕方帰りにビンタンビールで一杯」なんて、憧れの生活ですよね^^?

シングルビザ(ソシアル)取得プロセス

CLICK  最大180日間有効(滞在可能期間60日 延長30日×4回)

シングルビザは利用目的として様々な分野に分かれていますが、名称は一括してシングルビザといいます。シングルビザという名称は最近になって使われるようになり、以前からソシアルビザは正式には「ソシアル・ブダヤビザ(文化交流ビザ)」と言われています。主に親族訪問や社会文化訪問(文化団体や教育機関への訪問、学会出席など)といった目的でインドネシア国内に入国するためのビザです。

このビザで入国した場合、インドネシア国内に30日~最長60日間滞在(申請先大使館によって滞在期間は異なることもある)することができます。また、申請により30日間の滞在期間延長を最大4回することができ、これにより150日~最長180日間の滞在ができます。

ただし、ソシアルビザはシングルビザ(1回限りのビザ)なので、国外に出国した場合、滞在可能期間が残っていてもビザは無効となり、再入国する場合は、新たにビザを取り直さなくてはいけませんのでご注意ください。

マルチプルビジネスビザ取得プロセス

CLICK  1年間有効(滞在可能期間60日 複数回の出国可能)

インドネシアで就労を伴わない商用訪問(会議、商談、工場等現場下見等)が可能なビザです。ビザ期限は1年間です。1年間のうち、何回でもインドネシアへの出入国が可能です。1回の滞在可能日数は、最大60日間となります。このビザでインドネシアで報酬を伴う就労はできません。

 

海外旅行英語が身につく!
スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

世界最大級のオンライン旅行会社
旅行をもっと簡単に【Trip.com】

HISグループの4G高速通信WiFi
海外WiFiレンタルのFAST-Fi

到着ビザ(VOA)取得プロセス

CLICK  最大60日間有効(滞在可能期間30日 延長30日×1回)

ビザを日本語で「査証」、 英語で「VISA」と言います。ビザとは渡航先の国が事前審査により、あなたに入国を許可します!という「入国許可証」のようなものです。パスポートは本人の「国籍身分証明」なので渡航する際にはこの2つが必ず必要です。

到着ビザ(VOA)とは 【到着ビザ=VOA(visa on arrival)】
※滞在可能期間30日間(延長可30日×1回)最長60日間の滞在が可能

家族ビザ(日本人配偶者)取得プロセス

CLICK  最大5年間有効(滞在可能期間1年 延長1年間×4回)

配偶者(日本人配偶者)のどちらかが、インドネシアで就労している場合の、家族のためのビザで、一年間と半年間とがあります。配偶者の取得するワーキングビザの期間により、申請後、家族ビザの期間を決定します。また、配偶者の17歳以下のお子様も家族ビザの取得が可能です。

南国の楽園、バリ島での新しい生活・新しい友達・新しい趣味など、ご家族とともに今までとは一味違った人生を楽しみましょう。

家族ビザ(インドネシア人配偶者)取得プロセス

CLICK  最大6年間有効(滞在可能期間1年 延長1年間×5回)

配偶者(インドネシア人配偶者)の外国人家族を対象にした長期滞在の為のビザです。家族ビザの滞在許可は1年間で、以後1年毎にインドネシア国内で最大5年間まで継続延長が可能です。

南国の楽園、バリ島で独自の宗教・文化・習慣に触れながら、新しい生活を楽しんでください。

家族ビザ(KITAP)取得プロセス

CLICK  最大5年間有効(滞在可能期間5年)

配偶者(インドネシア人配偶者)の外国人家族を対象にした長期滞在の為のビザです。KITASからKITAPへの切り替えは、労働ビザ、配偶者ビザ、リタイヤメントビザで滞在している外国人に対し適用されます。家族ビザの滞在許可(KITAP)は最大5年間の滞在が可能です。

南国の楽園、バリ島で独自の宗教・文化・習慣に触れながら、新しい生活を楽しんでください。

STM・ドミシリ・SKTT取得プロセス

CLICK  ビザではないのですが・・・「オマケ」です(笑)

STM・ドミシリ・SKTTはワーキングビザ・家族ビザ・リタイヤメントビザ等の更新時に必要となります。こちらの証明書類は、取得するために、管轄の警察署、各役場・役所等に、数回にわたり出向くことが必要な、非常に紛らわしく、面倒な証明書類です。代行業者も少なく、基本的には個人で行う必要があります。取得には相当な時間を要することが想定されるため、余裕をもって準備を進めるようご注意ください。

 

各種デザインを気軽に依頼 ココナラ
簡単!無料会員登録はこちら

登録も利用も一切無料 アナザーワーク
複業するならAnother works

バリ島在住のコンサルタントが「移住・ビザ・留学」についてのノウハウや、現地の情報など幅広くお届けするブログです。起業・会社設立など法務相談も無料で受付中です。お気軽にお問合せください。

 

タイトルとURLをコピーしました