【人生終了!と思った話】腰椎椎間板ヘルニア 4度の手術を経て^^

バリ島を楽しむ

こんにちは。後藤@アマテラスです^^

1年ぶりのご無沙汰でございます^^

大変、お久しぶりでございます。1年ぶりのブログとなります。この1年間病に伏しておりました^^病名は「腰椎椎間板ヘルニア」よく耳にする病名ですが、実際になってみると、大変な病気です。年齢的に体に「ガタ」が来ているようです(汗)

さかのぼる事、1年前、ジャワ島のジュパラまで車で移動したことが良くなかったようです。バリ島に戻ってから「腰がだるいな~」と感じていましたが、ある日突然!腰に激痛が走りました。ここから地獄の闘病生活が始まりました。

ヘルニアって怖いですねー。最初は腰が痛かったのですが、日に日に痛い場所が移動してきます。腰椎の椎間板が飛び出して、神経を圧迫しているそうです。その為、その神経が通っている先、つまり私の場合は「左足の太もも」に痛みが集中し始めました。

脚は悪くないのに「太ももが痛い」これ如何に???

太ももの見た目は、全く異常がありません。当然ですね、太ももを怪我をしたわけではないので^^;でも全く健康的な、その太ももに激痛が走ます。「これは、カラダの中で大変な事が起きてる!」これはヤバイ(汗)

日本に帰って手術を受けよう(^o^)/

10月からほとんど「寝たきり」状態で過ごしていましたが、全く改善の兆候は見られず、激痛は増すばかりです。どんな体勢で座ろうが、寝ようが、立っていようが、容赦なく痛みが襲ってきます。全く逃げ場がありません。神経痛って怖いですねー。

このままでは「らちが明かない!」という事で、12月末に帰国を決断しました。コ〇ナの影響で、バリ島からの直行便はありません。ほとんど歩けない状態での「ジャカルタトランジットでの帰国」は本当に大変でした^^;

コ〇ナよ。恨むぜー(笑)

今回の帰国理由については、誰にも話さず決行しました^^まぁ、家族とかにも心配かけたくなかったので、ごく一部の人たちに連絡をとり帰国しました。手術も決まっていたので、術後動けなくなる可能性もありますからねー。

そうなったら、飲みにも行けない(笑)

日本到着後、14日間の自主隔離を経て、手術を受けることになります。以前頸椎ヘルニア手術はもうすでに2度経験してますので「ヘルニア手術」のベテラン(汗)です。今回も何の不安もなく「主治医の先生」にお願いしました。ヘラヘラしながら病院へ向かいます。

主治医の先生「なにわのブラックジャック」(笑)

結果的に1月に2度の手術、30日ほど経過した時点で「ナイフに刺されたような激痛」はほとんど収まりました。さすがは「なにわのブラックジャック」←(笑)いつもお世話になってます。その後、完全には痛みが消えなかったので、もう一度手術を受ける決断をしました。

1回目の手術から3ヶ月経過。激痛は無くなったものの、どうしても「チクチクと針で刺す様な痛み」が消えません。また、太ももの痺れはまだ残ったままです。もう一度追加で2度の手術を受けました。結果、痛みはほとんど無くなり(^o^)ました。痺れは少々残ってます。

まぁ、痛みがなければ何でも出来る!(笑)

100日間ほど「寝たきり」生活を強いられましたので、カラダが動けるようになってからは、リハビリに励みました。毎日ジムで決められたトレーニングをして、徐々に体力の回復に努めます。そして調子に乗って54歳「体をバキバキ」にしてみました。

人生最後の「バキバキトレーニング」です(笑)

そんな状況で6ヶ月の日本滞在を終え、バリ島に戻った次第です。日本では、数人のバリ友と食事を共にすることができ、楽しい事もたくさんありました。こんな形での帰国でしたので、カミさんも精神的には大変だったと思います。

人生が終わったと思いましたが「人生、ほとんどの事は何とかなる!」そう教えられた今回の一件でした。今回、私を支えて頂いた全ての皆様に感謝いたします^^あ、それと、これを機に「ブログ再開」する予定です。まぁ、あくまでも予定です^^;

 

早い者勝ち!ドメイン取るなら
お名前.com

高速・高安定レンタルサーバー
エックスサーバー

WordPress専用レンタルサーバー
wpX Speed

バリ島在住の元コンサルタントCEOの管理人が「移住・ビザ」についてのノウハウや、現地の「生活・情報」など幅広くお届けするブログです。2020年後半から1年間ほど「病に伏して」おりました^^4度の手術&リハビリを経て「完全復活!」とはいきませんが、大好きなバリ島で、ぼちぼち生きていきます(笑)
タイトルとURLをコピーしました