【フリーランスへの道③】自分にしかできない事を探せ

人生を変える

こんにちは。後藤@アマテラスです^^

この記事は
【フリーランスへの道①】時代の波に乗る「デジタル革命」の続編③です。
上の記事から先に読んで頂くと、より分かりやすいと思います^^

スキルを活かすビジネスを模索する

前回記事に書きました通り、DTPデザインに仕事を、少しずつ縮小するにあたり、今までクライアントから受けていた仕事を、仲間のグラフィックデザイナーに引き継ぐ作業に没頭していました。

私の受けていたデザインの仕事は、通常の仕事とは違い「専門性」が求められるデザインでした。私のメインクライアントは、不動産会社、マンションデベロッパー、リゾート開発業者などでした。広告を製作するにあたり、図面やパースなどが必ず付随します。

弊社が不動産関係のクライアントに強かったのは、理由があります。通常は、図面とパースは設計事務所へ依頼、完成した図面を、デザイン会社に渡し、デザイナーが、パンフレットなどの販売ツールを仕上げます。

弊社の場合、「図面とパース」も一式で受注します。設計とデザイナーと別々に必要だった打ち合わせを、弊社と打ち合わせすることにより、すべて終了させることができます。これは、以前私が設計事務所に務めていたので、設計士との「パイプ」があったこと、また、建築図面に精通していたことなどが理由です。

①建築図面を理解して、且つデジタル化できる人
②グラフィックのデザイン版下を理解して、且つデジタル化できる人

この両方を出来るデザイナーが、非常に稀少でした。他のデザイナーにはない「能力と技術力」が私の強みだったと思います。徐々にDTPデザイン会社から、ホームページ制作会社にシフトしていた頃、ECサイトの構築依頼が爆発的に増えてきました。

ECサイト=ホームページ上でショッピングができるページ

 

超実践型プログラミングスクール
未経験でもWEB業界に挑戦したい!【.pro】

自宅で学べるオンラインスクール
Webディレクションコース

Webデザインスクール
6ヶ月で未経験からWebデザイナーになる!【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

以前の仕事は、会社のホームページ作成依頼が、90%以上のシェアを占めていたと思います。それが、数か月後には、50%近い割合でECサイトの構築の仕事が増えました。実店舗は、家賃・人件費がかかります。

ECサイトはその点、最小の経費でお店を開くことができます。また、ECサイトは「24時間営業」です。お客様が、好きな時間に訪れ、好きな時間にショッピングを楽しみ、自由に支払い方法・配送方法を選択することができます。

これからはECサイトの時代かな・・・

ECサイトを立ち上げる

なんか、面白そうなので、自分でも何か販売して「小遣い」稼ぎでもしようかな。「何が売れるんだろ???」販売に興味などなかった私には、皆目見当がつきません(汗)そんな時、友人から「アジアン雑貨が人気あるよ」というアドバイスをもらいました。

色々調べてみると、バリ雑貨の人気が高く「結構な高額」で販売されていました。
「とりあえず、現地行ってみよう^^」

バリ島って?どこの国(笑)?
この時まで、バリ島がインドネシアだと知りませんでした(笑)

そして、視察を兼ねて「初!バリ島旅行」を決行しました。右も左も分からなかったので、通訳と案内人を雇い、一通りの問屋など廻りました。売れ筋商品など、調べて行ったので、初めてにしては、スムーズに買付終了^^仕事終わりのビーチで飲む「ビール」がすごく美味しかったのを覚えています^^

航空会社の、荷物の重量制限いっぱいまで、日本に持って帰って来ました。日本到着後、デジタルカメラで商品撮影し、自社運営のECサイトを作ってみました。とりあえず、100商品ほど掲載した時点で、「祝!サイトオープン」しました。

「ECサイト アジアンウォーカー」の開店です
なんか懐かしいな^^

 

驚異の売れ行き

最初は、そんな売れるはずもないので「ぼちぼち」行きましょう^^などと優雅に構えていました。旅行へ行けるくらいの「小遣い程度」儲かれば良いなー^^なんて考えていたら、開店から3日経過した日に、「祝!お客様初購入」もう売れた^^いいねー

そして、次の日も、その次の日も、購入数はどんどん増えます。お客様とのメールのやり取り、梱包&発送などなど、やらなければならない仕事が結構あります(汗)

ネットショップが忙しすぎて、仕事ができない
こんなに売れるのか。。。すごなー。。。

ネットショップの担当(店長)を雇う事になりました。この頃、ネットはそれほど普及していなかったので、スタッフを見つけるのも一苦労です^^運よく、ネット作業ができる「稀少な人材」を見つけることができました。これで万全の体制です。

ネットショップは快調に売り上げを伸ばし、バリ島からは「空輸」や「船便」を使って毎月仕入れを行いました。当初の売上げに対する粗利は70%を超えていました。店舗もないので、人件費のみ^^ECサイトの構築だけで、毎月こんなに儲かるとは、予想外でした。副業としてはとても良かったと思います。

売上の低迷、理由を分析

オープン当初は店舗数も少なかった「アジアン雑貨店」も、この頃には、アジアンブームの、追い風に乗り、たくさんのネットショップが乱立することになりました。その頃、ネットショップのメイン商材である、人気商品の価格が、急激に落ちてきました。

何が起きた?

理由は簡単^^
①アジアンブームに乗って、バリ島旅行が人気となる。
②観光客が、現地にて雑貨を購入する。
③小遣い稼ぎに、ネットで販売する。※ネット便利ですねー^^;

遊びでバリ島旅行した「ついで」に買付をして、次の旅行の資金の一部を稼ごうとしたようです。素人は「値付け」のノウハウを持たないので、原価や経費全く考えず、適当に商品価格を決めていました。この流れで「価格破壊」が起きたのです(泣)

輸入経費や、人件費を考えない素人さんが、この世界に参入してきたことにより、「アジアン雑貨」にデフレが起きました^^;いろいろ考えて、ある結論を導き出しました。

「旅行ついでに持って帰れない商材」
これなら価格破壊はない。現状の、弊社の能力で開発できる商材は何か?考えました。

「家具を売ろう」「日本一のアジアン家具を作ろう」

あれ?また、少し文章が長くなってきた^^;続きは次回お話ししまーす。

※続編書きました^^こちらへどうぞ。
【フリーランスへの道④】アジアン家具「グレイスノート」の誕生

 

各種デザインを気軽に依頼 ココナラ
簡単!無料会員登録はこちら

登録も利用も一切無料 アナザーワーク
複業するならAnother works

バリ島在住のコンサルタントが「移住・ビザ・留学」についてのノウハウや、現地の情報など幅広くお届けするブログです。起業・会社設立など法務相談も無料で受付中です。お気軽にお問合せください。

 

タイトルとURLをコピーしました